戻る
2020-01-08
Laravel

LaravelでMarkdownをhtmlに変換・改

Laravel v6.10.0でparsedownからleague/commonmarkに変わったので再度。 https://github.com/thephpleague/commonmark

Illuminate\Mail\Markdown::parse()はLaravel内でのMail用なのでそのまま使うとhtmlがエスケープされずに危険。これを元に自分のプロジェクト用に作ればいい。

Laravel側で急にleague/commonmarkが消えてもいいように一応自分のプロジェクトでもインストール。

    "league/commonmark": "^1.4",

app/Support/Markdown.phpを作る。

<?php

namespace App\Support;

use Illuminate\Support\HtmlString;
use League\CommonMark\GithubFlavoredMarkdownConverter;

class Markdown
{
    /**
     * Parse the given Markdown text into HTML.
     *
     * @param  string  $text
     *
     * @return HtmlString
     */
    public static function parse($text)
    {
        $converter = new GithubFlavoredMarkdownConverter([
            'html_input'         => 'escape',
            'allow_unsafe_links' => false,
        ]);

        return new HtmlString($converter->convertToHtml($text ?? ''));
    }
}

htmlを完全に消すなら'html_input' => 'strip',でもいい。

使う時は

use App\Support\Markdown;

$html = Markdown::parse($markdown);

HtmlStringなのでviewでは{{ $html }}でもそのまま表示される。入力されたhtmlはエスケープ済なので変換後のhtmlは安全な前提。

追記

league/commonmark1.3以降用にGithubFlavoredMarkdownConverter使うように変更。

投稿者 Invokable
コメントを書くにはログインしてください。
登録 ログイン